:5K


 第22回山路ふみ子映画賞の新人女優賞に田中麗奈さんが選ばれ、 11月27日、贈呈式が東京・新橋のヤクルトホールにて行われました。
 その様子をお伝えします。



「この映画賞の性格上、女優さんをふたり表彰したい」と語る理事長。
錚々たる受賞者とともに、ものおじせず並ぶ麗奈ちゃん。その表情は、悦子そのもの。
理事長の挨拶に続き、会長の山路ふみ子さんのお言葉をいただく。
病床にあるとはいえ、贈呈式に臨む姿には、矍鑠たるものを感じる。
会場は、満席で、贈呈式の後、映画賞を受賞した、「愛を乞うひと」が上映された。
緊張の面持ちを、刹那見せるも、堂々と受賞の喜びを笑顔でスピーチ。
「初めての映画で、賞をいただけて、とてもうれしいです。ご指導をいただいたみなさんに、お礼を言いたいです。ありがとうございました」
山路会長と「がんばっていきまっしょい」の撮影や演技について、にこやかにトーク。
これからの仕事や女優についての夢を語る麗奈ちゃん。
「もっと映画が好きになりそうです」
贈呈式の後、ロビーでマスコミ各社の囲み取材。
「きれいな女優さんが気になります。 50万円は、お母さんに預けたいけど、洋服買うのもいいなぁ。でも、自分に、記念品を贈りたい」
「もらったのは小学校の工作の時以来」と言いつつ、みなさんに表彰状を披露。
「これからも、ドラマや映画に出演していきますが、高校生の今だからこそ、高校生の素直な感情が表現できる作品に出ておきたい」


トップメニューへ